So-net無料ブログ作成

現行案なら条件付き容認=普天間で名護市辺野古区(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として政府が固めている同県名護市の辺野古区は21日、行政委員会を開き、キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立ててV字形滑走路を建設する現行計画であれば、条件付きで容認する方針を決めた。
 大城康昌区長は委員会後、記者団に「どうしても辺野古しかないと国が言った場合、現行案と、沖合(に滑走路を移動させる)微修正案については、条件を付けて話をする用意がある」と説明。条件については、同飛行場が移設された場合の騒音問題などを挙げ、「(政府は)生活の安定などの補償をしなければならない」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
価格カルテル、住友電工などに課徴金160億(読売新聞)
未承認薬開発、来秋にはある程度の実績を―製薬協新会長(医療介護CBニュース)
社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」―国民新代表(時事通信)
警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)

女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑−「夫に指示」・福岡県警(時事通信)

 福岡市博多区で3歳女児が母親に暴行され意識不明の重体になった事件で、福岡県警博多署は6日、事件前に夫とともに粘着テープで女児を10時間半にわたり浴室に縛り付けたとして、逮捕監禁容疑で母親の無職山崎志穂容疑者(28)=暴行罪で起訴=を再逮捕した。
 同署によると、容疑を認め「自分が夫に指示した。お漏らしをよくしていたのでしつけの一環として体で覚えさせるためだった」と供述。日常的な暴行についてもほのめかしているという。
 逮捕容疑は、夫の会社員英治容疑者(31)=逮捕=と共謀、先月11日午前2時〜午後0時半ごろまでの間、自宅マンションで次女の山本心結ちゃんを水の入っていない浴槽に座らせ、粘着テープで右手首を蛇口に巻き付け監禁した疑い。 

【関連ニュース】
殺人、監禁容疑で12人目逮捕=公園前路上の男性遺体
1カ月の次男に暴行、父逮捕=壁に打ち付ける
監禁容疑で22歳男逮捕=トイレで助け求めるメール
独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い
元交際女性を刃物で脅し15時間=監禁容疑で26歳男逮捕

原田美枝子さん接触事故=自転車男性に、けがなし−東京(時事通信)
<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題(産経新聞)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。